バナナ DE 薬 7days

4月9日の発症から6日。

この時期、同じような症状を患ったうさちゃんがたくさんいるようで、同じ経験をされた飼い主様たちからの言葉・・・、気持ちがヒシヒシ伝わってきました。
そして、りりのことを、自分のうさぎさんと同じような目線で心配して、このブログを読んでいただいている皆様、本当にどうもありがとうございます。m(_ _)m



通院は2日で終わりましたが、11日から朝晩薬を飲ませ、食欲も元気も、今のところかなり復活してきています。


2月に初めて粉薬シロップで溶かしたものをシリンジであげた時に、激しく抵抗され、うまく飲ませることができず、バナナを使ったこの方法を先生に話したところ、、、


シリンジを嫌がるのはしょうがないので、それならば、今回は、薄く切ったバナナ2枚に直接薬をサンドしてあげてみてくださいと言われました。


前は、甘いシロップで、薬の味も薄まっていたと思うけど、直接ふりかけたものだと匂いや味がダイレクトに伝わって、嫌がるんじゃないのかなぁー。。。と思いながらも、薬バナナサンドをこしらえました。

今回1回分の薬は、写真程度でかなり微量です。
白い粉薬は、お菓子作りに使うサラサラのパウダーシュガーのようで、バナナもちょっとおいしそうに見えますが、果たしてりりちゃんは・・・





バナナを持って、サークルの中で遊んでいたりりに近づくと、すごい反応です


興奮しながら近寄ってきて、、、



鼻を突き出し、くれくれ攻撃が始まりました。




目はバナナしか見ていません。

「バ、ナ、ナっ!ちょ、お、だいっ!バ、ナ、ナっ!ちょ、お、だいっ!」
りりの心の中のバナナコールが聞こえてきます。

そして、私がサークルの中に入り、口の前に出すと、
むさぼるように超高速スピードで食べてしまいました。
ゆっくり味わうこともなく。。。
うさぎ早食い選手権があったら、上位に食い込めそうなぐらいのスピードで、薬が入っていることもわからなかったのではないでしょうか。

こうして、心配していた投薬も1日目の朝晩は無事終了。


食欲も元気も徐々に復活しつつあるりりちゃん。
しかし、投薬生活2日目に、
飼い主にとってとても気になる意外なことが起こるのです。


〈次回へつづく〉

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.