事の顛末

りりの、突然の‘8の字ピョンピョンばら撒き’についての続きです。

思春期・発情期のせい?とのご意見もあるようで
おそらく、りりが健康なときであれば、私もそう思ったかもしれないのですが、今回は、通院(注射を2日)後、投薬生活2日目ということもあり、私が真っ先に心配したのが、
「薬が効きすぎているのでは?」
ということでした。


をばら撒く時(直前)の動作が、

・飼い主の周りをピョンピョン
興奮?
・頭やほっぺをなでなで
快感?
・牧草をたらふく食べる
満足感?

・・・が主で、普通にサークルの中を跳ねているときや、ケージの中に何もせずにいる時は、をすることはないので、もしかしたら薬でお腹(お尻?)が緩んでるところへ、メンタルな部分が腸にダイレクトに作用しているんじゃないか?という疑念です。


もし、薬が影響しているとしたら・・・・・それはそれで問題です。



最初に撒き散らし行為を行った日(12日)が病院が休診日だったので、13日に病院へ電話をしてみました。



そして、投薬開始以降の様子、これらの行為と私が思っていることを細かく伝えたところ・・・

「今回の調子(腸)が戻れば、治まるでしょう。」
・・・とのことでした。

えっ?そうなの?(・_・;)
そんな単純なもんでいいの?

薬については、
「時々、薬のせいで興奮する子もいます。これで興奮しすぎて眠れなくなると問題ですが、ちゃんと睡眠をとってるようであれば心配ありません。薬もそこまでの量ではないですよ。」と。

そうね、りりはとってもよく寝てるし。。。
こうやって、電話で話してる最中も、りりを見るとメッシュハウスの中で横になって目をつぶり、スヤスヤ熟睡していました。



あと、先生が言うには、寄生虫がいる場合に、こういったことがあるらしいです。
ただ、りりは2ヶ月前に1度検査をしていて、その時に異常はなく、その後ほかのうさぎさんとの接触や屋外で遊ぶと言ったことも一切ないので、その可能性はなさそうです。

とにかく、薬は最後まできっちり飲んで、何か異常があれば来てください・・・と。



その後、これまでの1/4量に減らしていたペレットを食べる量も増え、週の後半は1/2に増やし、15日(日)あたりから朝晩入れたペレットをキレイに完食するようになりました。
牧草もあいかわらずモリモリ食べています!

そして、17日(火)に投薬生活も終了〜!




で、気が付いたのですが、、、
16日(月)ぐらいから、サークルの中でを1個もしていない!!
・・・と、同時に8の字ピョンピョンもしなくなり、飼い主の足元もあまりグルグル周らなくなってる・・・?
マイペースでクールなりり、復活?!
先生の話、ビンゴっ!!



でも、ケージの中の、牧草入れの前に敷いてるわら座布団の上には、
気づくとまだがバラバラと。。。

今朝(19日)も、20個ほど・・・。
(基本的に夜中にやっている;)

一応トイレの中にも、たんまりをしているので、たぶん牧草を食べながらやってるんだよね。。。

このわら座布団には、一応両面に‘消臭スプレー’をかけて、もうちょっと様子を見ることにします。
この行為、直ってくれればいいんだけど、、、。



だけど、今回の行為は、うさぎの思春期に見られる行為にも確かに似てます。

『自分の縄張りを主張するために、---(中略)---、生殖器の近くにある臭腺から出る分泌液のニオイをコロコロのウンチについて、あたりかまわず撒き散らすこともあります。』
(*「ウサギの気持ちが100%わかる本 〜もっと仲良し編〜」より)

うさぎの思春期は、生後3〜4ヶ月頃から始まり、現在8ヶ月のりりは、その真っ只中と言えます。
発情期には、飼い主に攻撃的になったり、反抗的になったりということもあるそうで、大人になると今までできていたトイレができなくなったり・・・とかいろいろ聞きます。
今回は、走りながらのばら撒き行為は、(たぶん)終結したかのように見えますが、これから月日が経つとどんなことが待っているやら、、、


今から覚悟しとかないとね!


やってることはまだまだ子供のりりちゃん

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.