最後の審判

ニコとの出会い -----
(今日は、ちょっとだけ長いよ。^^;)


以前、ゴールデンウィーク中に、
うさショップ巡りをした話を書きましたが、
そのときに訪れた内の1軒、草加市のうさぎ舎さんに行った時のこと。



店内には、ネザーやホーランドの子兎から成兎、はじめて目にするフレミッシュジャイアントやイングリッシュアンゴラやフレンチロップなど、たくさんのうさちゃんがいました。

「今日お店に連れて来たばかりなんですよ。」
と、見せられたのが、ブロークンリンクスのホーランドロップと、オレンジのネザー。
どちらも男の子。そして、どっちもとっても可愛い!

でも、その時、ブロークンリンクスのホーランドに、すごく心を奪われ、
運命の出会いを感じました
(たぶん、パパもそう。)


前々から、もう1匹欲しいね〜!・・・なんて話しは、時々冗談っぽく出てたんだけど、「だったら次はネザーがいいね♪」とか、「りりと遊ばせるんだったら、女の子がいいよね♪」とか、言うだけ言ってました。

でも、もし実現するとしても、それは、もっともっとずっと先のことだと思っていました。



だって、りりと暮らして7ヶ月。
信頼関係もでき(?)、りりのことがとっても可愛かったから、、、
りりだけに100%の愛情を注げたらいいもんね。って思いが強かったんです。


(甘いおやつを減らしたせいか、最近ちょっと引き締まってきた?^^;)


なので、このブロークンリンクスのロップくんに出会った日、帰りの車の中で悩みました。

---- そういえば、ブロークンカラーは、最初にウサギを探していた頃(りりと出会う前)に欲しかったカラー。
そのカラーで、こんなに気に入った子、もう2度と出会えないかもしれない・・・。 ----



お店の人は、
「リンクス(りり)×ブロークンリンクスでカップルにするのもいいですよね。」
なんて言ってましたが、将来りりに子供を産ませるか、それとも避妊するかも、まだ決断しきれてなかったし、子供を産ませないなら、りりを避妊するか、オスの去勢をするか、、、。

とにかく、いろんなことがグルグル頭の中を回っていました。


一番心配したのは、新しい子を迎えたことで、私自身のりりへの愛情が2分されてしまわないかということ。

りりとブロークンちゃんの顔を思い浮かべながら、自分の中で葛藤がありました。




家に帰って、りりの顔を見ながら思いました。

---- りりは、りり。あの子はあの子。夫婦にするとか、姉弟にするとか、そういうの関係なしに、私たちの家族として迎え入れればいい。
りりには、これまでどおり100%の愛情、あの子にも100%の愛情を注いであげればいいんだ。 ----
もちろん、多頭飼いの掟(?)、先住兎のりりを、すべてにおいて優先させることを前提で。

最後には結論出さないといけない課題はあるけど、2匹が幸せに暮らせるよう努力できるはず・・・


そう考えると、気持ちがスッと楽になりました。



そして、最後にパパがこんなことを・・・
「質問して、りりの右耳が上がったら飼う。左耳が上がったら飼わない。」

えっ?!りりちゃん、元々右耳立ち気味じゃん?ねー(^^;)


でも一応、「もう1匹飼ってもいい?」
と、りりに聞いてみることに。。。


すると、なんと、その時4時40分の角度だった右耳が、スイィ〜っと、
4時50分まで上がったんです
(これ、マジ話!)

(※イメージ)



そして、次の日、お店の開店を待って、受話器を握る私 -----。


「あの子を、我が家にお迎えします!」

Fin.



追記 :
「うさぎ舎」さんに行くことになったきっかけなんですが・・・
==== こちらのブログ→「ねこがじゃれてる」マルクルくん(ネザー)が、すごく私のタイプで、飼い主のまんまるぷぅさんに、ブログで(かなーり前に^^;)どちらの出身のうさちゃんかお伺いしたところ、「うさぎ舎」さんということで、そこのうさちゃんをいつか一度見てみたいと思ってたんです。
それで、今回GWに埼玉方面に足を運ぶついでに立ち寄って、ニコとの出会いがあったわけです

実はマルクルくんのようなネザーちゃんにも、とっても可愛い子がいたんです。いつか、ネザーも飼ってみたいなぁ♪

きっかけとなった、マルクルくん&まんまるぷぅさん、感謝です!

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.