カラーとの共存


先週の水曜日(4日)から始まった、
りりカラー装着生活。



食べたり飲んだりしづらかったので、周りをだいぶカットしてあげました。






先生からは、
「食事をする時とか、そばに付いて様子を見れるときは
取ってあげてもいいですよ。」
・・・と言われてたんですが、


外した途端、お腹に顔を持っていこうとする始末。


こりゃ、いかん!Σ( ̄◇ ̄)


やっぱり、りりには、着けっぱなしで過ごしてもらおう。。。





そして、案の定と言いますか、、、


術後、せっかく元に
戻ろうとしていた
ペレットを食べる量が減り
それに比例して
の状態(量・大きさ)も
不安定に。
機嫌もかなり悪くなって
いました。



やっぱり、カラーを着けることによるストレスって
大きいのね。。。(ー_ー;)


(一応元気はあり、
具合が悪いというよりも、
機嫌が悪いというカンジ)






装着後、2,3日は、
食べづらくなったペレットを食べるのを手伝ってあげたり
(※野菜には食いつきがいいので、食欲がまったくないわけではない)
食糞を手伝ってあげたりと、私も介護に徹していました。





(お得意のゴローン寝中)




しかし、りりも、日に日にカラーに順応してきたというか、
装着した状態で自分の動きが調節できるようになってきて、
(動物って賢い!


ようやく、一昨日(7日・土曜)の晩あたりから
与えたペレットを、以前のように完食するようになり、
も元の状態に戻りました(^o^)








昨日(8日)は、
状態を診てもらうため再院。



りりが自分で傷つけた以外の部分は、
とてもキレイになっていたので、そこだけ抜糸。


りりが傷つけた部分は、まだカサブタができあがってなくて
カサブタできても、またそこを齧る危険があるので
カラーは、次の抜糸まで装着してもらうことになりました。






お薬だけは終了です!
(イコール、バナナも終了。)





次回は、カラー生活で苦労した食餌食糞
工夫したことなどの、レポをお届けします☆







(*前回6月5日記事へのコメントのお礼)

マチマチさん、ekuさん、まりうりさん、
うーさんママさん、もこさん、チャイママさん、
Lauraさん、ちゃりパパさん、がじゅうさん、
ぴーちさん、いっちゃんははさん、Kellyさん、
しろんママさん
                  ・・・ありがとう!!

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.