苦節2年の奇跡


『第2回・ギャップ顔写真コンテスト』

2010年1月15日より 画像受付開始!
(※詳細はこちら





ニコちゃんファンの方、おまたせいたしました!(^▽^)/

ここ数回出番のなかったニコちゃんでしたが
今日はニコちゃん特集」です



(今回の話は、今年8月の話なので、
写真のほとんどは、その頃撮ったものです。)






子供の頃は、(カクカクの時以外は)ぼんやり・おっとりした
性格のニコちゃんでしたが、


2歳の誕生日を過ぎて、どんどん変化を見せるようになってきました。




以前より、甘えてくるようになり
男の子らしいヤンチャっぷりは、エスカレート!











相変わらず、行動が読めない
突拍子もないことをするってのは、変わってません。(^▽^;)





さらに、自己主張も強くなり、アピールっぷりもスゴイ

食欲も増し、以前は1食を時間をかけてダラダラ食べていたのが、
スピードがものすごく早くなりました。


ご飯の催促時は、ケージガタガタ!



こういった場面は、わりとどこのおうちでも見られるかと思いますが、
かつてのニコちゃんなら、こんなスゴイ顔でケージを噛むことは
なかったんですよ・・・( ̄▽ ̄;)


まるで、りりが乗り移ったかのよう・・・







そんなニコちゃんが、この夏ついに‘アレ’をやってくれました!!



‘アレ’とは、、、




はい、自らの‘膝乗り’です♪





りりの場合は、うちに来て1ヵ月(生後3ヶ月)でこれを覚えました。


(*2006年11月のりり。パパの膝の上にて。)


「おいしいもの=膝の上」という図式が、早い時期で定着したせいで
何か見せると、自分から乗ってきます。
(※今現在、与えてるオヤツは、ほぼ乾燥パパイヤのみ。)



我が家では、ケージから出る時は
必ず‘膝の上に出してから’…としていますが、
ニコちゃんは、膝の上に1秒もジッとしてなくて
ケージから膝の上に乗せても、
ご褒美などのオヤツを‘食べる前に’膝から降ります


つい甘やかしてしまい、膝乗りを覚えさせることもなく
月日が経っていたのでした。。。





それが、今年8月、
オヤツを手に持って、正座をしていたら
自分から私の膝に乗ってきたんです




その時の写真が、コレだっ




ワン

ツー

スリー






 感無量の瞬間〜


(*デカく見えるけど、1500g未満です。^^;)


これを撮ったあと、パパに自慢げに見せびらかしたのは
言うまでもありません。( ̄ー ̄)☆



でも、
りりは、ある程度高さがあっても、ピョーンって乗ってくるんだけど
ニコちゃんは、かなり膝を低くしてあげないと
乗れないみたいです
前脚を乗せた後に、限界まで体を伸ばして、後ろ脚を
よっこらしょって乗せます。(^^;)
こんな不器用なところも、ニコちゃんらしくて可愛いのです


その後も、ご褒美さえあれば、膝乗りをしてくるようになりました♪






いろんなことを覚えてくると、
あまりやってほしくないことも、覚えてしまいます。


最近は、牧草キーパーに入ることを覚えてしまいました。。。



(*これは今月撮った写真)



ニコちゃんの座高より高さがありますが、うまく乗り越えます。

牧草補充で、フタを開けていると、必ず入って直食いするようになり
とうとうチビられたので(もちろん中の牧草は全部処分
今は入って来られないよう、しっかりガードしています(^^;)





なんだか、生後数ヵ月の子のことを
話しているみたいになっちゃってますね。(^▽^;)

ニコちゃんは、本当にまだまだ赤ちゃんっぽいところがいっぱい。
男の子って、こういう子多いのかな〜


(*これは、今年9月に撮影)





そんな元気いっぱい、天真爛漫なニコちゃんなんですが、
今年は、病院と仲良しでした。。。




(写真は、アニコムさんの保険カード。
今年の通院日付を記したもの。)




ブログ停滞期間もあった関係で、
なんだか‘書く’という気合いが埋もれて
ズルズルと書くタイミングを見失っていましたが、ここで腰を据えて
次回から、今年ニコちゃんに起こった
2つの病気と通院報告を書いていきます。



今も投薬と通院が続いていますが、ニコちゃんは元気はあって
食欲ものほうもずっと快調なので
その点はご安心くださいね。(*^^*)



よっしゃー!Σ(ノ□ ̄)ペシッ
気合い入れて書くゾ〜


りり不足の際は、Riritterへ♪
     



気合いの応援クリックお願いします!(・_・)/

ポチッ♪             ポチッと♪
               
 

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.