血便との闘い


【追記】(6/3)文末に、6月2日の検査結果を追記しました。



なんだか、ここしばらく、月3回更新ペースとなってますね

毎日の様子をお届けのRiritterだけでは紹介しきれない
楽しいネタの写真も溜まってるのですが、
なかなかリリブロにアップできずに今に至ります。。。




前回、「ニコちゃんの胆道疾患治療ゴール目前?!」
飲水量と血液検査結果が下がったことをお伝えしましたが、
それを書いた2日後、私の心の折れ線グラフが
グーンと急降下する出来事がありました。(T_T)

もしも、うさぎの神様がいるなら
「オマエは、うさぎのことでは気を抜くな。」・・・と
おっしゃられてるような気さえします。。。( ̄_ ̄;)





タイトルにもあるように、
血便ニコちゃんの(糞)に見つかりました。


それで、、、





最初は一過性のものだと思われてましたが
今のところ、なんとも言えず経過を見ています。



血便発見からの1週間を、日を追ってお伝えしたいと思います。

(※●(兎糞)写真が幾つか登場します。ニガテな方はご注意ください。)




5月18日(火)

夜8時前

夜ごはんをあげに、ニコちゃんのケージへ。
トイレを見ると、たくさんしているの中の3個ぐらいの
ところどころに、微量の赤い色が付着しているのを発見。

の置かれてある場所から、まだ新しい時間帯のものと思われる。
赤色付着便の隣に、極小のかなり黒めの丸いが2つあり
ほかにも、通常の色の小さめのがあったことから
お腹の調子が好調ではないことを窺わせる。

ペレットや牧草はしっかり食べていて、元気はいつも通り。
夜もペレットにがっついていました。



初めは一瞬、「まさか血?」と脳裏をよぎりましたが、
これまで血便を見たことなかったし、例を知らなかったので
何か赤い塗料の入ったものを口にでもしたのかも?と考えました。
とにかく、すぐに先生に尋ねてみようと病院へ電話しましたが、
あいにくその日の診療は終わっていました。
(※受付は19時までなのですが、診療が長引くと20時ぐらいでもいらっしゃることがある)

ニコちゃんは元気だし、食べてるし、非常事態でもなさそうなので
翌朝電話をすることに・・・



しかし、‘もし血だったら・・・’という可能性も考え
血便が見られる感染系の病気だったらいけないので
ニコちゃんとりり
同時に触らないよう、
そして近づかせないようにしました。

(貼り紙まで貼った…。
万一感染系だったら
すでに時遅しかもだけど…



その後していたの色は、一見何ら異常ナシ。
その時まで軟便や下痢はナシ。





5月19日(水)

朝一で病院へ電話するも
なんと、その日は主治医のA先生がいらっしゃらない(*o*)
しかも翌日は病院の休診日なので、
明後日まで、この状況を待っていいものか判断できず
とりあえず電話で状態を伝え、赤色付着便持参で
ニコちゃんも一緒に、その日の先生に診てもらうことに。


午前9時過ぎ
ニコちゃんを連れて、病院

先に受付で提出していた糞便を検査したところ
潜血反応があり、赤色のものは、血液と判明。
極小の黒い2つも調べたそうですが、そっちからは血は確認されず。

血液反応以外では異常はナシ。
虫やコクシジウムなど、感染が心配される細菌などもありませんでした。
(お触れ書き解除

ほかに、体にケガなどもなく、触診でのお腹の調子も問題ナシ。


腸の奥のほうから多量に出血していると、もっとベッタリ血が付くらしく
腸に腫瘍などがある場合は、片側だけとか
一方向に血が付くらしいのですが、
ニコちゃんの場合は、コロコロの表面のいろんな方向と
便を割った内側にも血が確認できたそうで、
このことから、血が出てる場所は、大腸の下のほう(お尻に近いほう)
とのことでした。
(ちなみに肛門は汚れてませんでした)


前日夜までのの状態や、この通院当日の朝までには
赤い色のものは確認できなかったことを伝えると
一過性の腸炎かもしれない’ということでした。


これまで数ヵ月に渡り治療を続けていた「胆道疾患」とは
それまでのデータから関係は考えられないそうで、
エサを変えたり、ストレスや換毛など何らかの原因
腸に傷が付き、こういった血便症状が見られることがあるそうです。


食事は変えてないので、何かストレスが…うーん、、、(・_・;)
ニコちゃんって、普段からストレスなさそうだけど
細かいことを考えると、あれかな?これかな?と
思い浮かぶものの、はっきりと思い当たることもなく、、、



念の為、現在貧血を起こしていないか、血が止まりにくくなっていないか?・・・といったことを調べるための血液検査を行いましたが
それらも異常はありませんでした。


腸の出血している場所から細菌が入りやすいそうで、
それを防ぐための‘抗生物質’1週間飲むことに。



そして、1週間の様子を見て、報告することになりました。


もし、血便が増えたり、下痢などするようになれば
レントゲン・超音波検査をしましょう・・・と。




午後12時頃
帰宅後、しばらくして出た小さめに、再び血液を発見。


これは、病院に行ったことでのストレスが影響したか??


でも、その後出たには目立った血の色は見られず。




この日から、トイレやトレーに落ちているをすべて集め
1個1個を360度くまなくチェックする日々が始まりました。



これまでのトイレ砂をやめて、ペットシートにチェンジ!

(ペットシートだと掃除がラクなことを、今更知りました。^^;でも、1日に何度も変える必要アリ。)




夜回収した・・・

とってもキレイ(?)





翌日(20日)までのも、血が付着しているものはナシ。


(→の写真のはすべて、20日だけのものです。)






5月21日(金)

朝8時に回収したの中に、ほんのわずか(耳垢程度)の
茶色い煮こごりのようなものが、付着しているのを見つける。
これって粘液?(・_・)?

形状は大半が普通の丸いコロコロ。
でも、かなり小さなものや、大豆状のものも幾つかある。
(※ニコちゃんは、子供のころから大豆状のものを
たまにすることがありました)



心配になって、病院へ電話
主治医のA先生と会話。
A先生には、もう19日のことは伝わっていたので、話はスムーズでした。


腸に傷があるので、しばらくはそういった不安定な状態が続くかもしれない。血がどんどん増えているようであれば問題あるが、そうでなければ様子見で。
(私が見た)粘液状のものが、赤や黒でなければ心配しなくても大丈夫。

・・・とのことでした。
(※もちろん今後増えれば問題アリですが)

薬についても、炎症そのものを治す薬を飲まなくてもいいのか?
を尋ねたら、
今の状態だと、そういった薬は逆に悪化させることがあり、
バイ菌が入って感染すると症状が広がるので、
今はそれを抑えるための抗生物質だけで
、、、と。


19日の先生にも、もちろんちゃんと診ていただいてますが
A先生とお話しできたことで、だいぶ安心しました。(´▽`)





5月26日(水)

抗生物質投薬1週間が終わり、
A先生とお話しした21日以降、その日の朝まで、特に出血や
軟便・下痢などの問題があるようなは見られず。

…でしたが、この日の朝、気のせいかもしれませんが
少し赤っぽく見えるようながあったので
それだけビニールに小分けにし、それ以外に
朝8時までにしていたの2/3ぐらいをごっそり持って病院
糞便検査依頼。
(*ニコちゃんは、その日通院はナシ)



夕方、
病院へ検査結果を聞くためTEL



結果は、、、


まだ潜血反応が出ていました。。。


二種類の方法で検査したそうですが、いずれも反応が出たそうです。




見た目には、初めて見た時のようなはっきりとした血は見えないので
薄くなって、良くはなっているみたいなのですが、、、。
炎症を起こしている場所が、再生能力にはとんでいるらしいのですが
傷が塞がるまで時間がかかっているみたいです。

また1週間抗生物質を飲んで、糞便検査です。


まさかニコちゃん、薬を毎日飲みたい♪とか思ってないよね〜?



この出血が何度も繰り返されるようなら、腫瘍などを疑ったほうがいいそうで、バリウム飲んで検査したりするそうですが
今のニコちゃんのような感じだと、検査しても見つかりづらいらしいです…。




以上が、血便発見からの1週間でした。


次の糞便検査6月2日(今日!)なので
その時の状況で、今後の治療方針が決まるかな、、、と思います。

でも、潜血反応がもう出なければ、万々歳です。
そうあるように願いたいです!



2週目の投薬期間後、少し一波あったのですが
それは、また次回の報告で書きたいと思います。




とりあえず、ニコちゃんは、普段と何も変わらず
見た目はとっても元気で、しっかり食べてるし、
今のところ糞詰まりも軟便もありません。


胆道疾患利胆剤の投薬は、先週無事に終わり、
5月の飲水量は、1日だけ200mlを超えた日がありましたが
極端に気になるほどのの変化はありませんでした。

まだそっちの治療も完了となっていないので
一難去って・・・という状態じゃなかったため
今回の血便には、私自身がすごく凹んだ時もあったのですが、
ニコちゃんとりりの元気な姿に励まされています。



だいたいは、平均して、1日550個前後〜600個前後していて
それらすべてをチェックし、数えています。
(通常時に数えたのなんて、初めてです^^;)

ちょっとの変化も見逃さないよう、
兎糞に始まり、兎糞に終わるという毎日ですが
願わくば、早くこの状態が終わればなぁ〜…と






昨年からの胆道疾患のことでも、ご心配や励ましのコメントを
本当にありがとうございます。
うさ友の皆さんのとこに、なかなか顔を出せませんが
また状況が落ち着いたら、遊びに行かせていただきますね。(^^)


最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆


(※病院の先生のお話は、わかりやすく噛み砕いて
私の言葉に置き換えている部分もあります。)




【追記】(6月3日)
ご心配おかけしております。
2日の糞便検査の結果ですが、2日AM0時〜8時までに出したの中より
ランダムに選んで行われた検査では、潜血反応が出なかったそうです。
ただ、すべて結果が同じかはまだわからないので、1週間後再検査。
束の間安堵しましたが、その夜したの中に、また、
薄いですが血色とはっきり確認できるが2個ほどありました…
完全になくなるまで、まだ時間が掛かるんであろうと思われます。
病院の休み明けに報告しますが、また後日、詳しく書きますね。




ニコちゃん、がんばれ!がんばれ!

ポチッ♪             ポチッと♪

               
 


家に「よくわかるウサギの健康と病気」という本があるのですが、
そこに記載の、便に出血を伴う病気の幾つかは目にしています。
今のところ、ニコちゃんは‘一過性の腸炎’との診断ですが、
もし類似した症状をご存じで、ほかの病気をご考察・示唆し、コメントを
くださる場合は、情報元の文献名や、実際の体験に基づくものであれば、
その時の検査内容・結果や数値、掛かった病院名・医師名等の情報も
あわせて、具体的に教えていただけるようお願い申し上げます。m(_ _)m
(個人情報に関わる公開できない内容は、メールで…☆)

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.