血便・・・その後


前回の、ニコちゃんの血便のことで 、ご心配や励ましの
コメントやメールをくださった皆様、本当にありがとうございました!
Riritterではりりのことにまで、お気遣いありがとうございます〜!T▽T)
とっても勇気づけられました。(´▽`*)





前回の記事に、追記として書きましたが、
6月2日に行った3回目の糞便検査の時には
潜血反応は確認されませんでした。

そして、1週間後に再検査予定でしたが、、、

6月2日夜〜4日朝にかけて、我が家のチェックで
どう見ても血色にしか見えないが幾つかあったことで、
6月4日にもう一度検査依頼。

やはり・・・潜血反応が出てしまいました



ただ、1回目(5月19日)2回目(5月25日)の検査よりも
反応の出方が弱くなっているそうなので、
良くはなってきているようです(^ー^*)


血が出ているということは、腸に傷がまだある状態ので
バイ菌を防ぐため、抗生物質をまた1週間飲むことになりました。




今日は、血便発見後、やや波乱のあった2週目を日を追って
レポしておきたいと思います。



(※●(兎糞)写真が幾つか登場します。
今回、調子の悪い時のもアリ。ニガテな方はご注意ください。)





5月26日(水)


2回目の検査の潜血反応で、
もう1週間抗生物質を飲むことになったニコちゃん。

新しい薬を飲ませようとシロップに溶かせて準備しましたが
何かがおかしい・・・

元々アイボリーっぽい色が付いてるものだったんですが
1週目に飲んでいたものより、微妙に色が濃いんです。
いつもならシリンジを持って近づくだけで、飛んでくるニコちゃんも
寄りつかず、口の前に持って行って見せても飲もうとしません。

「あれ?もしかして、、、前回と薬が変更になってる??」


その日は投薬を中止。




5月27日(木)


その日は、掛かり付け病院が休診の為
系列グループの病院へTEL。
状況を説明し、掛かり付けのほうのカルテを確認してもらうことに。

しばらくしたら、電話があり
‘薬は前回と同じ種類の抗生物質ですが、錠剤が違うもので
ニオイが微妙に違うけど、同じものなので
飲ませても何ら問題ナシ’
・・・ということを確認。

私もなんとかして飲ませてみるけど、もしダメなら交換で・・・
という話になりました。


しかし、シロップを増量してもダメ。
昨年から食べられるようになったバナナにかけたり、
大好きな乾燥パパイヤを平らにしたものにくるんで
誤魔化そうとしてもダメ・・・
少しだけ騙されて食べてくれましたが、
「うげ〜・・・」って顔をされ、思いっきり機嫌を損ねてしまったようで、
結局断念しました




で、すぐさま病院へ電話して説明。

薬は、継続して飲ませていたほうがいいとのことなので、
その日に系列病院まで、1週目に飲ませていたものと
交換してもらいに行くことに・・・


あとで、より詳しく聞いたら、薬のフレーバーが違うんだそうで、
たぶん抗生物質って、ニガテな子のほうが多いんだと思いますが、
2週目のは、飲ませやすいようにと‘甘い香り付き’のものに
変えてくれてたそうなのです。
しかし、それがニコちゃんにとっては、逆効果だったようです。。。

ニコちゃんは、今でこそ生バナナを食べられるようになりましたが、
メロンやマンゴー、桃など、りりなら喜んで食べる
香りの強い生フルーツを一切食べない子だったんです。
きっと、その系統の香りがニガテなんでしょうね。(・_・;)
シソやミツバやパセリの青臭さは大好きなのに・・・



昼12時
交換後、帰宅して飲ませたら(午前中に少量上げた分を減らして)
いつものリアクションで、大喜びで飲んでいました。( ̄▽ ̄;)

病院へも、ちゃんと飲んでくれたことを報告。



しかし、その日のお昼頃に出した中に、はっきり血色と確認できる
イビツな形状のを7個ぐらい発見



午前中の薬のことで、ストレスを与えてしまったんだろうか…


には、目立った問題はなし。



その日から、血便チェック以外に、大きさ・形状も細かくチェックするため
事業仕分けならぬ、「う●こ仕分け」がスタート




5月28日(金)

このところ問題のなかったの形状に異変が
その日のに回収したには、いつもより多い大豆型と
15個以上のイビツな形状を発見。

回収分には、涙型も多く見られるように。


を見ると、腸に負担が掛かることがあったことが一目瞭然
やはり、前日のことが少なからず影響しているっぽい。。。


先生から前の週に、血便後、腸の傷が治るまで
しばらくこういった不安定な状態が続くと聞いてたし、
ここは落ち着いて・・・(・_・)




5月29日(土)

午前中の回収には、大豆型がさらに増えている。(25個ぐらい)
涙型は減ってきたものの、大小さまざま。
血色の確認できるものもあり。


目に見える血便を再び確認したことと、
これまでにない大量の不安定なが続いたことで
思わず涙が出てしまいました。。。(T_T)


でも、凹んでなんかいられない

不安定ながらも、これだけのをするニコちゃん、スゴイな〜


5月29日 0時〜12時までの12時間で出したものです!


しかも、元気も食欲のほうも、まったく問題なし。


これが、りりだったら、うっ滞コースだよー




不安が募っていましたが、
は大豆も極小もなく、涙型もほとんどなく
うって変わって、ほぼパーフェクト!

調子、戻ってきてるみたい




5月30日(日)

、大豆型は、前日と同じく多いものの、だいぶいいみたい。
涙型や極小は少しあり。

もしまた血色の確認できる便が出てれば、
病院に連絡しようと思ってたけど、この日は大丈夫みたい。

18時頃したものは、パーフェクト。

、大豆型が少しあるけど、あとは問題なし。





5月31日(月)

ニコちゃんにしてはめずらしく、毛束のついたを2個発見。

ニコちゃんは、換毛の時でも、毛の付いたや繋がり
ほとんど見たことがないんです。
これも、りりと大きく異なるところ。りりは数珠つなぎを出すのが得意)


5月21日に見たような、ごく少量
(これも耳垢程度)の煮こごり状のものが付いたもあり。

大豆やイビツが少しあるものの、それ以外は、調子良さそう。


昼・夜は、目立ったものはなし。




6月1日(火)

、大豆型が5個ぐらいあるものの、午前中までの回収分は
大きさも形も、ほぼパーフェクト!

までも同じく。

明日の検査は良い結果が期待できるかもしれない・・・




6月2日(水)

3回目の糞便検査の日。

チェック。
ほんのわずか、赤っぽく見えるものがあったけど気のせいかな
それらも含めて、朝8時までの回収分をまとめて検査に出す。


午後、病院から電話。
その日検査した幾つかのの中には
‘潜血反応が見られなかった’ことを聞く。
薬を止めて、様子を見つつ、1週間後に再検査。

その日、私が見た赤っぽく見えたもののことを告げると
すべてのに潜血反応が出ないとは言えないので、
もしまた血便が確認できたら、すぐ知らせてください

・・・とのことでした。



色は薄いけど、はっきり血色ととわかるものを2個確認。
の形や大きさは、ほぼパーフェクト。


6月2日 18時頃から〜24時までのもの。
ネックレスにできそうなぐらい、粒揃いです☆( ̄m ̄)



6月3日(木)
病院休診。

午前中までのは問題なし。

回収分に、血色がわかるものを1個発見。

1日通して、形状は、だいたいいいものの
かなり小さめのものも幾つかアリ。




6月4日(金)

血色がわかるものを1個発見。

朝一で、2日夜からのことを、病院に報告。
血液かどうか確認するため、怪しいを再検査に。


午後、病院からTEL
潜血反応が出た’ことを聞く。

その日の夜から、再び投薬開始。また1週間です。
(今度はスムーズに、ニコちゃんの好きなほうの薬でした。^^;)



以上、2週目から現在に至るまででした。



6月3日〜4日は、血便が見られたせいか、
ややほかのの形状に影響が見られましたが
その後、今日(6日)までのは、とっても調子いいです

少しの大豆型は元々出してたものなのでしょうがないとして、
それ以外は、ほぼパーフェクト
数も、いつもと変わらずたっぷり


腸の調子がいい傾向だし、検査の潜血反応も弱くなってきてるし
完治までもう少しだと思います。(^▽^)
ニコちゃんに、余計なストレス与えないようにして
また今週、次の検査に挑みます。





前回、今回の腸炎の原因と思われることで
エサを変えたり、換毛やストレス等を挙げましたが、
先日A先生といろいろお話していて聞いたのですが、
例えば硬い牧草などの食べ物が原因となることもあるらしいです。

に、ツブツブとした牧草が混ざっている状態を
目にすることあると思いますが
そういった中で、特別硬いものが、腸に引っかかって
傷を作って炎症を起こす・・・といった具合です。

ニコちゃんのが、今回どうかはわかりませんが、
初期の段階で見落としていて、細菌が入って悪化すると
重い腸炎となった可能性もあったかもしれません。

毎日、1つ1つ見ることって、なかなか難しいと思いますが
ちょっとでも「おや?」と思うことがあれば、こういったチェックをして
病気の早期発見に努めたいと思います。(^^)




今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


(※病院の先生のお話は、わかりやすく噛み砕いて
私の言葉に置き換えている部分もあります。)




ニコちゃん、次は絶対完治だよ!

ポチッ♪             ポチッと♪

               
 

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.