一隅の光


今日の写真は、先月‘本宅’(※)で撮ったものです。




(※)今いる‘仮住まい’へ移る前に居た、本来の家。
現在は、家も正式な住所もまだそのまま残していて
週に1〜2度、本引っ越しの準備等で戻っています。
呼び方がまどろっこしいので、今回から
今までの家を‘本宅’と表記しますね^^;。→経緯




さて、

この
灯りは何かと言うと・・・





これは、ローソクではありませんよ〜。

先月、大震災後、計画停電が実施されてた頃に買った
電池式のLEDキャンドルランプなのです!



単4電池2本で、連続使用時間120時間とう便利物!
(しかも、スターター電池が付属!)

1個だと本当にローソク程度の明るさなので
懐中電灯に比べたら、寂しい明るさですが、
本物のロウソクのような揺らぐ灯りに癒されます。

懐中電灯の補助的灯りや非常用として、何個か購入しました♪





害がないとわかると、
すぐさまモデルポーズをキメるりり。(^^;)




ニコちゃんは、、、

ちょっと興味を示しつつも・・・


あれ?



やっぱり・・・

ぬいぐるみみたいに形や表情がないと、親近感沸かないみたい


※ちなみにこの時は、ランプと一緒に写真を撮っただけ〜。
うさぎの近くで放置した状態での使用は、イタズラされる
可能性もあるので、現実的ではナイかなーと。(・_・;)






この写真を撮った頃に、テレビ
「3年B組金八先生」のファイナルが放送されました。


その中の、金八先生からの最後の送る言葉で、
とても印象に残っている言葉があります。

生徒たちに向け、

「‘一隅(ひとすみ)を照らす者’になってください。
‘一隅を照らす者’は、この国の宝です。
街の片隅にいても、自分のいる場所を明々と照らす人でいてください。」


・・・と。


震災後、しばらく普通に生活するのが困難で、とにかく
生きることの活動でいっぱいいっぱいだった時に聞いた
この言葉は、深く心に沁みました。





我が家にも、一隅を照らす者たちがいます。


停電が実施された夜、暗がりの中でりりニコの存在は
私にとっては、まぎれもなく一隅を照らす光でした。(´-`*)

一隅を照らす小さき者たち ---。
この家の宝です。




では、


りりニコにとっての
私の存在は・・・









…あー、そうですか。
そうだよね。。。( ̄▽ ̄;)





最後の2枚の写真は、今の仮住まいで今週撮ったモノ。
りり、ずいぶん生き生きした表情を取り戻しています!
ニコちゃんは、今週は飲水量が200ml未満(最少160ml)まで戻ってきました!

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.