破壊女王・決行の夜

そのことがあった翌晩です。


いつものように、りりの運動が終わり、りりをケージに戻し
ケージの扉を閉めカッチリとロックしました。

一人暮らしのOLの出勤前の戸締りのごとく、念入りに扉をガタガタ押し引きし、

確かに閉めました。

ええ、閉めましたとも!


その後、家族はりりのケージがあるリビングを出て、
それぞれ別々の行動に。
パパは自室に向かい、私はお風呂へ…。


数十分が経過し
お風呂から出た私は、リビングへ戻りました。
戸を開けた瞬間、目に飛び込んできたものは

サークルのキューブハウスの上で佇んでいる

りり?!


なんで???(・_・)?


ははーん、、、りり「出せ出せ攻撃」に負けて、またパパが出してあげたのね。
しょうがないな〜 ┐(´ー`)┌

そこでパパに
りり、また出してあげたの?」と聞いたら、
「いーや。あれからリビングには行ってないよ。」
と言うではありませんか。

じゃあ、なんで出てるの

そこでケージを見ると


扉が!

なんと、しっかりと閉められていた扉のロックに付いていた2個のバネが外され、ロックがバカバカに。

私が扉のロック部分を触ると、ストンと簡単に下に外れてしまいました。

もちろん、バネを壊したのは

りり








普段から、りり「出せ出せ攻撃」の時に、このバネの部分を歯で噛んで引っ張っていたのですが、なんとか持ち堪えていたバネも、とうとう我慢の限界に達し、外れてしまったのでしょう。


『扉は楽な力で簡単に鍵がかかり、バネがついているので、うさぎさんには開けられません。』
(「プロケージ」の説明 by うさぎのしっぽ)

というセールスポイントは、
無残にも我が家の破壊女王の手により(歯により?)打ち破られてしまいました。


ああ、
カワイソーなバネ。。。(T▽T)


その後のケージ扉は、「コネクトロック」という、いつもうちでサークルとケージを繋いでいたロックで閉められています。
(このロックにもバネがついてるけど、りりが噛もうとしても歯が届かない構造になっています。)

これで、りりもそう簡単にはケージからは脱出できないでしょう。


ここまで読んで、「なーんだ、そんなことか」「やっぱりね」「思ったとおりの展開だわ」
もしくは「期待させといてコノヤロ!」と
思ってしまった、そこのアナタ・・・

残念ながら、大ドンデン返しはありません〜〜 m(_ _)m


で、次回は?


(・・・つづきません。)

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.