今、できること。今、本当に必要なもの。


震災後、引っ越しをして、1週間が過ぎました。


私は、まだ、朝が来たらすぐ夜になってしまうという毎日ですが、
うさたちは、すっかりこの場所に馴染んでいる様子です。



りりも、だいぶりりらしい表情に☆
でも、換毛で顔に怪しい柄が…( ̄_ ̄;)



ニコちゃんも、地震後急激に増えた飲水量(一時は600mlまで増加)が
300ml台〜400ml未満まで下がってきました。




ちなみに、すごい安全なところに移ったの?…と
思われてる方もいらっしゃるっぽいのですが、
今いる場所は、実は、これまでと同じ市内です。(^^;)
(もう一つの路線の駅のそばと言えば、地理に詳しい人はピンと来るかな?)


この辺りは、液状化現象や地盤沈下はなく、
ライフラインのほうも、水道だけが一時的に断水があったものの
すぐ復旧した、ほとんど被害がなかったところです。

万一、大きな津波が来たとしても、以前の場所に比べたら
十分に逃げるまでの時間稼ぎもできそう。。。
以前より、ちょっとは安全って感じでしょうか
ここ数日の度重なる地震も、
震度は同じでも、体感震度はかなり大きな差があります。

まあ、住まいの環境的差は、またゆっくり・・・と!






3月11日の被災後、
私には、とても悔しく、もどかしいことがありました。


とにかく、未曾有の大災害で
あまりにも、被害場所が広かったために
すべての被災地の状況を、すぐに把握することができなかったのは
ここをご覧の皆さんも同じかと思います。


私の住んでる地域の本当の状況ですら、私が知ったのは
1週間後に観た、ローカルのチバテレビでした。

そこで見たのは、うちの周りよりも遥かに積み上がった
液状化の泥かきをするボランティアの人たちや、
自分で給水場所に行って水を汲むことのできないお年寄りの
お宅1軒1軒に、水を配って回るボランティアの人たちの姿。。。

そんな様子を目にし、一時は居てもたってもいられなくなりましたが、
どうしても、目の前の不安がつきまとうのです。。。

自らのライフラインが止まっているということ云々より
もしまた大きな揺れが来たら、ここはどうなるだろう?というぐらい
震度5強でこの有様の、不安定な地面の上に建ってる家の中に
りりニコを置いて、長時間離れることができず、
私は、ほとんど出掛けることができなかったのです。
僅かな時間家を離れるのも、気が気ではありませんでした。

地震後、すぐに家を離れてホテル暮らしや、
親戚・知り合いの家や、避難所へ・・・という住民が大勢いましたが、
我が家は、りりニコがいるので、一時的にどこかへ…というのは
簡単な話ではありませんでした。

市長が、テレビで
「この町の住民は、‘自宅難民’だ。」と言ってたんですが、
その言葉は、まさに言い得て妙でした。。。(・_・;)


市内でがんばっている人たちがいるのに、
手伝いに行きたくても、動けない我が身・・・

義援金の募金や、節電ぐらいしかできない・・・
そのことに、とてももどかしく、悔しく感じていました。


そんな時間を経て、
4月6日の我が家の引っ越し日に、
市内のまだ終わっていなかった全域でガス・上水道が復旧し、
最後まで残っていた下水道も、私の家では仮復旧が完了しました。
(15日には全域で下水道の完全復旧予定だそう。)

町も、ずいぶんと元の姿に戻り、
市内の完全復旧に合わせたのかな?と思うタイミングで
あのネズミーランドも、15日には営業を再開することを知りました。


 市の復興も進み、市民が元の生活を取り戻す中、
私も引っ越して気持ちが落ちついたので
今こそ何かできることを・・・と思っていた矢先、、、

ある‘支援活動’を知りました。




最初にそれを目にしたのは、ビッチさんのブログでした。

flymetothemoonさんが発起された
『うさぎさん家族による東日本大震災の支援』
‘東北に支援を届けよう’と・・・という活動です。

詳細は、まずは、flymetothemoonさんのブログの
こちらの記事と、その記事の中のリンク先をくまなくご覧ください。
http://ameblo.jp/ms-06s-red/entry-10853603166.html
(※最新の必要物資情報は↑のページに一番詳しく記載されています。)



皆さん、ご存知だと思いますが、
震災直後、被災地への義援物資は、個人の直送は受け付けておらず、
送付は自治体を通して…という方法になっていました。
しかし、早いところでは、3月中に物資の受付を終了してたりします。
一部報道などを見てたら、テレビに映っている避難所などには
もう物資は十分に行き渡っているのでは?と思われがちですが、
実はまだまだ、本当に必要な物が、必要な場所へ
行き届いていない現実があるのです。

さらに、何千億円と集まっている義援金は、
今すぐ必要とされている人に、いまだに配分すらされていない・・・

すでに義援金を送った人も、これから送ろうと考えていた人も
「なんで?」と、ちょっと考えてしまいますよね・・・
もちろん、今集まっている義援金では、すべての被災者へあてるのに
全然足りないそうですから、私も、それはもう
募金はし続けていかなきゃなって思ってます。


それでも、
「今すぐ、私でもできることを!何か役に立ちたい!」
と思った時、

『うさぎさん家族による東日本大震災の支援』は、
今必要とされる場所へ、すぐに必要とされる物資を
届けることができるのです。

この活動での送り先は、宮城県の有志の方です。



実は、この活動を知るちょっと前に、全然別のところの転載記事で
「拡散希望」と書かれた物資募集記事を見たことがあるのですが、
コピペの記事に出ていた電話番号に直接連絡をしたところ
どうやらそのコピペには、重要事項が抜けていて、
結局私の申し出はお役に立てず、先方の方とも
お互いに気マズイ思いをしたということがあったのです…(+_+;)

それ以来、転載と思わしき記事など含め、募集記事モノは
細心の注意を払って見るようにしているのですが
今回、内容を読ませていただき、この記事は大丈夫だ!と判断し、
すぐにこの活動に賛同し、参加させていただくことにしました。


参加後、すでに幾つか物資をお送りさせていただきましたが、
被災地の状況は、時間とともに変わっていくので
今後も、それに合わせた物資が必要となってきますので、
支援は長期に渡ることになるかと思います。

それは一人でやるには難しいことかもしれませんが、
たくさんの力を合わせれば、本当にとてつもなく大きな力になります。


flymetothemoonさんが発足されたのち
メンバーもずいぶん集まってきています。
私も参加後、皆さんのパワーのすごさを実感しています
しかし、まだまだ、多くの力が必要とされています。
もし、この活動に賛同され、物資提供の協力をしたいとお考えの方は、
今一度、リンク先をすべてお読みいただけますよう、お願いいたします。


→最新状況&moonさん・ビッチさんの想いを綴った
ブログのほうも、ぜひご覧ください。(^^)

flymetothemoonさんのブログ「へちゃろぐ。
ビッチさんのブログ「easy go



必要とされる物資の受付先は、
flymetothemoonさん、ビッチさん、
もしくは現地直送となりますが(直送する相手様のブログ)、
リリブロから、この活動を知っていただいた方は、
ルビー宛てにメールを送っていただければ、
これら発送先への連絡の取り次ぎをさせていただきます。

*すでに、flymetothemoonさん、ビッチさんも、
活動参加者皆さんからの物資の仕分け配送や
連絡業務で大変お忙しい状況です。
また、現地の直送先の方は、想像を上回る大変な状況かと思います
ので、これから連絡を行う方は、その辺りのことどうかお察しください。



ルビーへのメールは
ここからどうぞ。
まずは、「お住まいの県」「提供したい物資」をお知らせください。
あと、現在緊急募集中のドライアイスについては、
企業さんのほうにお願いし、まとめての注文・発送も行っていますので
東北支援活動の中で1口・500円からの
現金支援(ドライアイス寄金)という形でも受け付けています。
(※‘切手’での受付可です!←この場合はmoonさんへ送付

(もし、「今回はそれだけでも寄付したい」と言う方は
下記追記のリンク先へ、直接お振込ができます。(*金額は問わず)

----------------------------------------------------
《*4月15日追記*》
ドライアイスの企業さんで、誰でも振込ができる
支援口座を設けてくださったそうです!
*振込先→http://www.dryice.ne.jp/undo/index.html
詳しくは、moonさんのこちらの記事をご覧ください。
----------------------------------------------------
*ドライアイスを何に使用するかは、先方様のブログにも記載しています。
3月11日のあの時間まで、私たち同様普通に生活されていた方たちが、
できるだけ生前と変わらぬ姿で家族に再会するため、ちゃんと葬儀という
形で送り出してあげるため、そして安らかに旅立つために、ドライアイスは
大切な物資だと思っています。どうかご協力、よろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------


また、ビッチさんが管理人をされている
こちらの「Ameba グルっぽ」↓の中のメンバーに登録されますと、
今後必要となる物資や、現状況がいち早くご確認いただけます。
(※Amebaへの会員登録が必要です)


(※Amebaへの会員登録→グルっぽへの申し込み
→ビッチさんから承認という流れ)



ただし、ビッチさんの承認作業のお手間なども考えていただき、
単に興味本位で、中を覗いて見てみたいだけという人は、
登録はご遠慮されたほうが賢明かと!(@_@;)


ほんの僅かでも、被災地に向けて確実に物資支援を行いたい
というお気持ちのある方は、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m





地震後、私の状況を知って
「ルビーさん、何かできることは?」と
声を掛けていただいた心優しい皆さん、、、
私は、もう本当に大丈夫です!(*^^*)

今、本当に困っている人たちは、遠い被災地にいます。
皆さん、同じうさ飼い仲間同士、今こそ立ち上がって
被災地へ元気とパワーを届けませんか?

私も可能な限り、この活動への協力、
そして東北以外でも復興に時間の掛る場所に対しても、
今後も、自分にできることを見つけて
できる限り支援を続けていきたいと思っています。

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.