ゆっくりと・・・

(*4月21日・1記事目です。)


仮住まいへ引っ越しして、早2週間。


気持ちが落ち着いたら、
今度は肉体のほうが、ガクン…ときてしまいました。

ちょうど、‘眠・ダル’のバイオリズムとも重なって
ここ数日間、おそろしいぐらい寝ています。(=_=)



物想いにふけってる(?)りり



ニコちゃんはリラックスモードで、グッスリ。
飲水量が、300ml未満になる日も増えてきました♪





今週の日曜日、お墓参りで1ヶ月以上ぶりに都内に出ました。
(お墓参りは、本当は3月13日の予定でした。)


そういえば、この週にあった、シーズン恒例のうさんぽ会とか
しらとあきこさんの個展とか、ERLとか、、、
諸々のイベントが、全部インプットされてませんでした〜( ̄▽ ̄;)
私のバカバカバカ!





お墓参りの後、昼食にお鮨屋さんへ。


食事しながらも思い出すのは、

仙台に何度か旅行した時に、塩釜のいろんなお鮨屋さんへ
必ず足を運んでたんですが、
「塩釜のあのお鮨屋さんたち、どうしたかな・・・」と。。。

(後日、無事であることを知りました。)

またいつか、必ず行きますよ




震災後、私のいた地域では、ライフラインは
電気以外ダメダメだったから、家での調理はままならなかったけど、
幸いにも、お腹に入れるための食べ物に
困るといったことはありませんでした。
(最初の数日間は、店から食料品が消えたりはしましたが
我が家はいくらか備蓄があったというのが大きかったです)


でも、こんな風にゆっくりと、おいしいお鮨を食べられる日が来たことに
ジーンとしてしまい、そして、いろんなことに想いを馳せてしまい、
食べながら泣きそうでヤバかった・・・
(店内だったので、グっとこらえました)

こういった感情は、きっと、地震が来なかったら
持つことなかったかもしれません…


被害の大きさは違えど、約1ヵ月間の被災生活の後の
心に残った複雑な感情を、なんと言えばいいのか。。。

今、私は元通りの生活に戻ることができたのに、
なんだか、まだ、自分だけが(‘だけ’ってことはないですが)
元通りの生活に戻るのを、申し訳なく感じてたりします。


だから、余計に、あの日から今も大変な生活を強いられている
被災地の方たちのことを考えるほどに
何かしたいと思うのです。

「ルビーさんも大変だったのに…」と言っていただいたりしますが、
そこは、比べたら大変さに大きな差もあるし
今は全然大丈夫だし、
自分にできることしかしませんから
疲れたら、体のほうは自然に休むようになってるし。(^ー^;)

どうか皆様、本当にお気遣いなく。。。ねっ!


私自身、震災後の約1ヵ月、
いろんな人に助けてもらって、励まされて乗り切ることができました!
本当に心から感謝しています。(*^^*)



前回ご紹介させていただいた東北支援活動と合わせて
新たな物資受付の呼びかけです。



「うさぎの権造の生活デラックス2」おかんさん
 こちら‘女性物ショーツ’を募集されています!

宮城県の気仙沼・大島のボランティアさんの物資支援となります。
LやLLといった、いろんなサイズがあるとありがたいそうです。
(※今回の受付は『ショーツ‘のみ’』に限定されています。)
ルビー家からも今週、おパンツが旅立ちました!


今後、ほかの物資募集の際は、その都度
呼び掛けを行っていくそうですので
その時には、リリブロでもまたリンクいたします。



こちらも長期支援を必要としております。
  ルビーも活動に参加しています!


「被災地にドライアイスを送ろう運動」
(有)ユウキさんの特設ページ
(※個人で送金ができます。振込は確認されたのち、
イニシャル表示で照会もできますので安心です。)


「心温まるエピソードと今、私にできること」



「ALWAYS ON YOUR SIDE 〜東北に支援を届けよう〜」
(うさぎさん家族による東日本大震災の支援)
flymetomoonさん発起の物資支援活動
★現在募集中の物資

*この活動に関してのリリブロの記事
前回の記事のあと、リリブロ経由で物資のお申し出をいただきました。
自分のことのようにうれしいです!物資お申し出の方に、
活動関係者様も感謝を申しておられました。(*^^*)
被災地への橋渡しのお役に立つことができてよかったです。






日本全国・世界中の人が、直接的だったり間接的だったり
何かしら、震災に関わっているかと思います。

今回の地震で、直接被災してない人でも
家族や親戚や友達や知り合いが被害に遭ったという人も
大勢いらっしゃいます。


先日、1ヵ月ぶりに連絡の取れた仕事関係の人との電話で、
親や親戚が東北にいらっしゃるという方でしたが、
この1ヵ月本当に大変だったそうで
「両親は無事だったんですが…」、、、と。
その続きを、私は尋ねることができませんでした・・・


今は一見なんでもなく過ごしているように見える人も、
それぞれの人が、受けた傷も、背負っているものも違うし、
いろんな想いを抱えて過ごされていて
本当に、心身ともに震災前の生活に戻すのは
かなりの時間が掛かるかもしれないけど、
みんなそれぞれ、自分に合った時間の過ごし方で
自分ペースで戻って行くのが一番なのかな。と思っています。



これまでも、当たり前の毎日を送れることに日々感謝していましたが、
当たり前に生活してる時って気付かないけど、
当たり前が、当たり前じゃない日々が長く続くほどに
当たり前に過ごすことって、難しいことなのですね。。。



新生活の第一歩として・・・ようやく1週間目に、新しい玄関に花を。



*前回の記事の中で、今いる場所について
「液状化現象や地盤沈下はなく…」と書いてましたが、
あとから追記を書いてる最中に、‘…はなく’の部分が
消えてしまっていて、しばらく経って気付きました!(*_*;)
現在ちゃんと修正済みです。もう一度書きますが、
ここは大丈夫だった場所ですので、ご安心くださいね☆

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.