ニコの胆道疾患闘病記録(2009年8月〜9月)


『第2回・ギャップ顔写真コンテスト』

画像受付期間:終了
投票期間:2010年2月13日(土)〜2009年2月28日(日)

(※詳細はこちら

宣伝用バナーもご用意♪こちら
リンク先 http://yaplog.jp/riri-chang/archive/290
ブログのネタに困ったときにどうぞ!(^▽^)/









昨年から、ちょっとだけ触れていましたが
現在進行形の、ニコちゃんの通院・投薬生活について
レポートを書こう書こうと思いつつ・・・
あっとゆーまに、月日が経っていました



最初に検査をした時から半年になろうとするので
どうやってまとめようかと考えましたが、
ひと月ごとに、記録したことを書いていこうと思います。




過去に(生後9ヶ月の頃)、プチうっ滞を1度だけやったけど
その後は、とっても元気に過ごしていたニコちゃん。


2009年2月に、ニコちゃんにも「若年性白内障」が見つかったことを
昨年暮れに書きましたが、
今回のレポートは、同じ年の8月から起きた出来事です。






事の起こりは、
2009年8月中旬りりの誕生日を過ぎたころ。



ニコちゃんの給水ボトルの水が、いつもより減っていました。


ベビー期は300ml近く飲んでいた時もありましたが
ここ2年ぐらいずっと、100ml前後…多くても150mlぐらいとか
きっちり計ってるわけではなかったんですが、目分量で
マルカンのピンクのウォーターボトル350(*MAX400mlぐらい入る)
1/4〜1/3ぐらい飲むのが普通でした。



最初気付いた頃、半分以上減っていたのですが
その頃、真夏が戻ってきたような暑い日が続いていたので
部屋は涼しくとも、喉も渇くんだろう・・・程度に思っていました。



8月8日に新しい牧草が届き、それもよほどおいしかったのか
ものすごく食べるようになりました。

そういったことも、水を飲む量に影響してるのかなー・・・と。


(2009年8月19日撮影)



飲水量が増えてる…と気が付いてから
2〜3日後には、1本飲み終えるほどになりました。

当然ながら、オシッコの量も増えます。

しかし、食欲が衰えることもなく、牧草もよく食べてるし、
もたくさん出してるし、
とにかく元気いっぱいなので、あまり気になりませんでした。




まもなく、りりと一緒に白内障の定期健診&健康診断に
行く予定だったので、その時にでも先生に尋ねてみようかな?
…ぐらいの気持ちでした。






しかし、ウォーターボトル1本を空けるようになったあと、
さらに早いスピードで水が減っていきました。

その後2日ぐらいで、あれよあれよと
2本目も飲み終え、3本目に突入・・・




そして、異常に思えたのが、とにかく食べるんです

元々少量のペレットを、それまではダラダラ食べていたのが
あっとゆうまに食べ終え、、、



空のペレットフィーダーの木ネジまで齧ろうとするニコちゃん




クズわら入れたら、満足そう






元々食い意地の張ってるりりちゃん。( ̄▽ ̄;)






それまでは、りりよりも牧草を食べる量が少ない
感じだったのですが、とにかく、ペレットがなくなると
牧草をハンパないぐらい、ひたすら食べ続けます。


水を飲む量が増えて、トイレへ行く回数も量も増えました。

オシッコ生産が追いついてないんじゃないか?ってくらい、
色も薄いのを、ジョージョー出すのです。



「多飲多尿」の症状で、うさぎの病気の本を見てみましたが、
どの病気も、
‘食欲が落ちたり元気がなくなったり’…と書かれています。

ニコちゃんは、そこだけが真逆でした。

異常な食欲で、牧草をたくさん食べてるせいかの量もスゴイし、
ハイテンションなんです。







8月23日病院へ行き、先生に相談。

時期的なこと(気温)や、牧草をたくさん食べてることが
影響してることも考えられるが、病気の心配もあるので
血液検査してみますか。・・・と。



そして、その日のうちに採血をお願いしました。

何事もなければいいんだけど、、、と願いつつ、
何かあるとしたら、腎臓系の病気とか?と
勝手に推測していました。。。







結果は翌日、連絡が来ました。


「腎臓に関する項目やそれ以外も問題ありませんでしたが、
1つだけ肝臓など(※ほかにも説明アリ)に関係する

ALPというのが、基準値を上回っています」


このALPというのが、参考基準値・72〜230 IU/dlのところ
ニコちゃんは、353 IU/dl。

ちょうど、その約半年前の白内障が発覚した2月21日
エンセ検査と一緒に、一般血液検査も行っていたのですが
その時はALPも基準値範囲内でした。



結果報告書の、ALPが上がると「考えられる検査所見」には
『胆道疾患 骨疾患 成長期 薬物』・・・と書かれていました。

ふむふむ・・・(・_・)



ただ、この数字だけだと、はっきりしたことがわからないことと、
血液検査では正常値だった腎臓も
機能が7割ぐらい侵されないと、データとして出ないそうなので
レントゲン超音波検査で、肝臓や腎臓、骨やその他
中を詳しく調べてみましょう・・・ということになりました。


ここで、途端に不安に・・・







検査日は、9月1日に決定。

時間が掛かる検査なので、半日入院です。
血液検査後から不安払拭されるまで、長い日々です・・・(T_T)

その間に、オシッコも家から持って行き調べてもらいましたが
それは異常なし。感染もなし。






検査までの期間も、ニコちゃんの様子は変わりません。


朝のニコちゃんの様子を見ていると、
‘牧草→水→トイレ’の
ローテーション(*順番は変わることアリ)
ご飯→みそ汁→おかず
・・・みたいに繰り返しています。


「オマエは牧草ジャンキーか?!」ってぐらい、
ひたすら牧草を食べています


これまでの牧草フィーダーだと追いつかないので
たっぷり補充できる、この入れ物に変えました。



もっとも活動する時間帯だと
1時間の間に、4〜5回はオシッコしてます。
(その間も牧草を食べ続け、水を飲む・・・)

さすがに、おかしいでしょ。。。( ̄_ ̄;)


飲水量も、減っていく気配はなく
その後の変化を見ていくため、8月30日からですが、
を毎日24時間ごとに正確に計量していくことにしました。








そして、9月1日
レントゲン超音波検査の日がやってきました。


検査は無事に終わり、
ニコちゃんは6時間半病院にいましたが、元気そうでした。




その後、
レントゲン超音波の写真を見せられ
丁寧に説明を受けましたが、、、


結局、それらの検査でわかる
異常は見つかりませんでした。


ちょっと、ホっとしました・・・。(´▽`)





どちらもニコちゃんには初めての検査でしたが、
レントゲン写真で、歯がものすごくキレイだと褒められました。
普段の健診の時も、臼歯まで診てもらってますが、
確かに、ニコちゃんのレントゲン写真の歯は
うさぎの本で見る歯の標本イラストのように
キレイでビックリしました。


あと、検査前まで、すごい食べていたせいか、
お腹が食べ物でパンパンになってると言われました



そうなんです

それまで1年以上、1400〜1450gをキープし
6月6日に検診で通院した際も
1450gだったニコちゃんの体重が、
8月23日には、‘100g’も増加していたのです
(実は現在、ここからさらに‘+100g’・・・

でも、りりちゃんのほうが、デブに見えるんだけどね〜( ̄▽ ̄)





結局、その時点までの検査では、
ALPが高くなっている’以外のことは
わかりませんでした。。。


ニコちゃんは該当してませんが、
これは、元々高い子もいるらしいです。
何か(うっ滞とかの病気や何らかのこと)がきっかけで上がって
下がらないまま・・・という子もいるそうです。


ニコちゃんが、その後者に当たるかわかりませんが
その時点では、診れる範囲で
どこも悪いところがないということもあり、
しばらく飲水量やオシッコ、食欲などの様子を経過観察し
その後検査で変化があるか、1ヶ月後
血液の再検査をすることになりました。

もちろん、その途中で体調に変化があれば
即病院へ!…ということで。




ここまでが、2009年9月までの出来事です。






ちなみに、の計量を始めた8月30日から9月30日までの
飲水量は、このように変化しています。


(*単位は ml )



9月1日の検査後、数日水を飲む量が少し減り
その後も下旬になるに連れ、減ってきていますが、
残念ながら、この先これで落ち着かず、、、( ̄_ ̄;)





10月には、私たちにとっても、ニコちゃんにとっても
ちょっと過酷な検査をすることになるのですが、
またレポがまとまり次第、アップします!




なお、今も続いている投薬は、10月からはじまります。






こんなことが続いているこの半年間ですが、
ニコちゃんは、とっても元気に過ごしています(*^^*)

食欲減退もうっ滞も、ありません。




レポートを読んで、多大な心配をしてくださる方や
考察をしていただく方もいらっしゃるかもしれませんので、
先に、2009年8月から現在(2010年2月)までに行った
検査と結果を書いておきます。




 ◆8月23日 *血液検査〔ALP以外異常ナシ〕
 ◆8月?日 *尿検査〔異常ナシ〕

 ◆9月1日 *レントゲン検査 *超音波検査
         〔いずれも確認できる異常ナシ〕

 ◆10月9日 *血液検査〔ALP以外異常ナシ〕

 ◆10月16日
  *超音波検査(ホルモンを作っている臓器をみるため)
  〔異常ナシ〕
  *内分泌検査(ホルモンの価をみるための血液検査)
  〔異常ナシ〕  
  この時行った*血液検査
  〔ALP以外異常ナシ。ALT(=GPT)が高め。〕

 ◆11月25日 *血液検査
  〔ALP以外異常ナシ ※基準値近くまで下がる〕

 ◆12月22日 *血液検査
  〔ALPのほか、ALT(=GPT)が上がる。以外異常ナシ〕

 ◆2月1日 *血液検査〔ALP、ALT(=GPT)以外異常ナシ〕


 …以上






現在まででわかってきたことですが、
これまで行った検査や、処方された薬の効果などから見て
先生のお考えでは、
おそらく「胆道疾患」であろうということです。


(記事タイトルを正しく書くと、「胆道疾患(?)闘病記録」が正解かも…)



血液検査で、基準値を上回っていた肝臓に関係する項目だけ
変化をピックアップしてみました。


(*単位は IU/dl )
赤字が基準値より高くなってるものです。
(空白の部分は、記載がなかったので不明)

(※ALTはGPT、ASTはGOTと同じものです。)



この検査結果には書いていませんが、
今年2月1日の検査で
GGTというのを調べてくださったそうなんですが
ニコちゃんは、その数値が「13(IU/I)」だったそうで
これは通常なら1ケタなんだそうですが、これが高くなってるのが
(これまでの結果とも照らし合わせて)
より胆道疾患との関わりを強めているっぽいです。


胆道疾患と言っても、いろいろあるので、
疑わしきことについては、また追い追い書きたいと思います。

ニコちゃんの‘いろいろ’は、今のところまだ断定されていません。)


肝臓と胆道の関わりについて、人間の医学ですが、
わかりやすく書いてあるページを見つけたので、ご参考までに…
こちら






ニコちゃんの場合、
レントゲンや超音波では悪いところは発見できない程度の
まだ軽い状態のようです。

肝臓の病気の症状が重いと、関係する項目の数値ももっと上がり、
悪いところがはっきりわかるぐらいになると、食欲や元気に
影響が出て、かなり深刻な状態になってくるのだと思います。。。




肝臓についてちょっと調べましたが、
「沈黙の臓器」と言われてるそうです!
自覚症状が出る頃には、非常に悪化してる状態なんだそう…

もしあの時、ニコちゃんの多飲多尿を
「元気だし食べてるしー」・・・と見送っていたら
今ごろ大変なことになっていたかもしれません。。。(@_@;)








の計量は、今も毎日続けています。

2009年10月以降の日々の増減も、今後
月ごとのレポートとともに載せていこうと思いますが、

簡単に月ごとの最も多い時と少ない時を、表示しておきます。



(*単位 ml )


よく見ると、
なんとなくお気づきに
なるかと思いますが、
飲水量の増減と
上に表示の血液検査の
ALP(&ALT)の変化が
合致してます。



11月は、飲水量も一時期元に戻り、
ALPも、あと少しで基準値に戻りつつありました。


しかし、12月にまた飲水量が増え(年末年始は1リットル
ALPと同時にALT(=GPT)も高くなってしまいましたが、
先日行った2月1日の検査で、ALTは少し下がってきました。





先生と、「これが原因となっているのではないか?」と
いうことも相談しながら、治療を進めていますが、
功を奏したのか、ここ数日は飲水量も減ってきて
ウォーターボトル1本で納まっています。
(2月7日は、360mlでした♪)

原因かもしれないということも、まだ断定できないので
それも追い追い。。。







次の血液検査(1ヶ月後)までに
順調に落ち着いてくれるといいんですが・・・(><)

それで検査結果が変わらなかったり、数値が上がってしまうようなら
またレントゲンや超音波検査を行い、薬も増やすことになりそうです…



月日が経っているので、先生とのやりとり等も
書き漏れしてることもあると思いますが、
また思い出したら、次の2009年10月レポ以降に
書き足していきます。




ニコちゃんのことがあったお陰で、
うさ飼いの豆知識として
今更ながら知ったこともありまして(^^;)…
そういったことも、間に取りあげていきたいと思います☆




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。(*^▽^*)




実際に私が聞いた先生のお話は、難しい専門用語も多く、
一応わかりやすく説明はしていただいてるのですが、そこをさらに
噛み砕いて、私の言葉に置き換えて書かせていただきました。

「ALPとかGGTとか、なんやねん?!」という方もいらっしゃると
思いますが、そこは省略しています。ご了承ください




***** 関連リンク(この病気のレポのつづき) *****
●2010年5月16日・・・「ニコの胆道疾患治療 ゴール目前!?」
●2010年6月14日・・・「ニコの胆道疾患&血便 投薬再開」
【追記】
↑のレポ以降、その他の病気や日常記事の中で
ちょこちょこニコちゃんの現状について触れたりはしていますが、
その後の詳細なレポはまだまとめていません。
(2011年4月)現在、まだ治療は続いていますが、
この1年半データ採取の上、手応えのあったことを取り入れ、
飲水量や検査結果は基準値以上の時でも極端に悪くなることもなく
安定した状態を保っています。(^^)ALP以外で、一時基準値を
何度か上回っていたALTともう1つのASTは、さらに大きく下がりました!
(※事情により、今データ類がすぐ手に届く場所にないため、
レポ完成まで、まだしばらく時間が掛かりそうです。m(_ _)m)




ニコちゃんが1日も早く良くなりなすように・・・

ポチッ♪             ポチッと♪

               
 

まだ寒いけど、立春を過ぎたので投入!(^▽^)
この↑桜素材は借りモノです☆

Copyright © 2006-2020 リリブロ All rights reserved.